【カード名変換辞書】

当サイトでは、「遊戯王wiki」において公式に使用を認定されている、遊戯王カードのIME変換登録用テキストデータを配布しています。当サイトのコピーライト表示等を行わず私用公用にかかわらず使用することが可能ですので、気軽にお使いください。
なお、PC等の普段使いの際に要らない変換候補が出ないように、単語の前に「@」を打つ変換候補としています。
(例:《メタモルポット》を変換したい場合、候補は「@めたぽ」「@めたもる」「@ぽっと」「@めたもるぽっと」)

alldata , japanese (全括データ)対応エキスパンション

2015.3.8 英版”Secrets of Eternity” まで対応

alidata.txt(日英略号なし 例:《メタモルポット/Morphing Jar》)
alldata_.txt(日英略号あり 例:《メタモルポット/Morphing Jar(TP2)》)
japanese.txt(日のみ 例:《メタモルポット》)

help etc (個別データ)対応エキスパンション

2015.11.9 「ブレイカーズ・オブ・シャドウ(bosh.txt)」更新。

help.txt(日のみ 英版未登場カード)
core.txt(日のみ 「クラッシュ・オブ・リベリオン」)
cros.txt(日のみ 「クロスオーバー・ソウルズ」)
docs.txt(日のみ 「ディメンション・オブ・カオス」)
bosh.txt(日のみ 「ブレイカーズ・オブ・シャドウ」)


遊戯王のツイッター担当はもうちょっと色気を出してもいいと思う

タイトルで結論が落ちていると言われればぐうの音も出ないのですが、今回はそういった話です。
140文字以内で終わればそれこそ「てめえがツイートで終わらせとけ」になるわけなので……。

こういう執筆企画を考えた時から、「【公式】遊戯王OCG@YuGiOh_OCG_INFO」をフォローしてから、どうにも拭えない違和感がありました。
違和感が確信に変わったのが、いつもの手口であるMTGとの比較を考えだしたとき。「マジック:ザ・ギャザリング@mtgjp」をフォローし、これまたうーんうーんとうなっていたのですが、ある時それを言語化しようと思ったのです。
まずは、それぞれのタイムラインを見てみませんか? 上のリンクから、ご参照ください。

続きを読む


しゅみめたぽ。【第5回:Apple Music】

つい最近始まった、Appleの定額制音楽提供サービス「Apple Music」。林檎信者である私も例に漏れず楽しんでいるところ。なにせ提供をしている歌手であればつまみ食いできるのが非常に楽しく、これまで「買う程ではなかったけど、聞いたことがない」というコンテンツにガツガツ食いついてます。 続きを読む


コナミがゲームを切り離す未来 遊戯王も例外ではありません?

最近、ゲーマーにとってはちょっと「臭い」ニュースが、耳に入るようになりました。 もちろん、サイトの指向性的に「コナミ」の話です。

  • 「桃太郎電鉄」シリーズの終了? コナミの「石川」氏が、シリーズを握りつぶしたとはさくまあきら氏の弁
  • 「メタルギア」シリーズでお馴染みのコナミ開発チーム「小島プロダクション」の解体。不自然に削除されるPVやパッケージからのプロダクションロゴ
  • 「ラブプラス」ソーシャルゲーム展開失敗で追放されたプロデューサーとデザイナー

実は他にもチームの解体とか聞いてはいるんですが、挙げだすとキリがないので例示はこの程度で。
率直に感想を言うならば、えぐいなあ……の一言です。

続きを読む


しゅみめたぽ。【第4回:スプラトゥーン】

発売前のゲームソフトに「しゅみめたぽ」するのも、どうにもステマっぽいのは承知してるんですが、あえて取り上げます。 続きを読む


将棋電脳戦AWAKE21手投了問題から学ぶ、ルール改正のとっかかり

「将棋電脳戦AWAKE21手投了問題」を、まず学びます

将棋を知ってる人には割と重大な問題提起が、2015.4.11に起きました。
電王戦という大会があります。人間対CPU、真に将棋に強いのはどちらかを問う最近から行われ始めた将棋の団体戦です。同年3月に行われた「将棋電脳戦FINAL」は5対5における3戦先取団体戦であり、互いに2勝2敗と大将戦までもつれこみ、大将戦「阿久津主税八段(以下、単に阿久津八段)vs将棋ソフトAWAKE(以下、開発者名の「巨瀬氏」もしくはソフト名「AWAKE」)」において、阿久津八段がわずか21手目を指したところで、巨瀬氏が投了をしたというものです。もちろん将棋は一人が10手指したところでチェックメイトになるゲームではありませんし、最序盤だけで負けが確定するはずは普通はないです。ではなぜ投了したのか?となると、「この21手までが、コンピューター思考のアルゴリズム上重大なハメ手であり、ここまで進められると、ハメた側がほぼ勝ち確定となる」からです。そして、そのハメ手を両者ともに認識していました。そして阿久津八段が、的確にその手まで誘導をし、落とし込んだのです。
続きを読む


こうやれば 遊戯王サイト界で 天下とれます 〜遊戯王サイト界の歴史とこれから〜

前文

またしても、記事需要のニッチなところを狙います。書く時点で既に、大多数の方はサイト「運営」に縁がないことは察しているのですが、だからこそ狙っていきます。
今となっては更新ペースとか非現役プレイヤーである素性からモグリ系サイトを営んでいますが、実はこのサイト、運営の歴史を紐解くと2001.5.12開設という14年選手で、トータルアクセスも600万あるんですよ。(ほんとだよ)
更新ペースはどうあれ、遊戯王サイト界の歴史の生き証人である自覚がありますので、一度おじいちゃんはおじいちゃんらしく、その歴史を語ってみようと思います。
そして、これからもし、遊戯王サイトの「運営」側に回る人がいるとするなら、目指してくれるべき「本命」路線を示したいかなと思っています。

※なお、表現の事情により一部サイトを除き、サイト名を伏せた執筆としています。 続きを読む


しゅみめたぽ。【第3回:久保みねヒャダ こじらせナイト】

趣旨が迷走していると言われても仕方ないのですが、ざっくばらんにご紹介。今回のこれは、フジテレビで金曜(土曜でした)深夜にやっているバラエティ番組です。

続きを読む


QUIZを楽しもう! 解いて悩んでアドレナリンどばどば!

本日、前体制で公開していたコンテンツである、「QUIZ YUGIOH ACADEMY」を再構成し、公開しました。(2015.8.13 バグ発見によりコンテンツ取り下げております、しばらくお待ち下さい)

続きを読む


1 2 3