ヴィクトリー・ドラゴン 一覧

将棋電脳戦AWAKE21手投了問題から学ぶ、ルール改正のとっかかり

「将棋電脳戦AWAKE21手投了問題」を、まず学びます

将棋を知ってる人には割と重大な問題提起が、2015.4.11に起きました。
電王戦という大会があります。人間対CPU、真に将棋に強いのはどちらかを問う最近から行われ始めた将棋の団体戦です。同年3月に行われた「将棋電脳戦FINAL」は5対5における3戦先取団体戦であり、互いに2勝2敗と大将戦までもつれこみ、大将戦「阿久津主税八段(以下、単に阿久津八段)vs将棋ソフトAWAKE(以下、開発者名の「巨瀬氏」もしくはソフト名「AWAKE」)」において、阿久津八段がわずか21手目を指したところで、巨瀬氏が投了をしたというものです。もちろん将棋は一人が10手指したところでチェックメイトになるゲームではありませんし、最序盤だけで負けが確定するはずは普通はないです。ではなぜ投了したのか?となると、「この21手までが、コンピューター思考のアルゴリズム上重大なハメ手であり、ここまで進められると、ハメた側がほぼ勝ち確定となる」からです。そして、そのハメ手を両者ともに認識していました。そして阿久津八段が、的確にその手まで誘導をし、落とし込んだのです。
続きを読む